惜春

この曲の表示回数 7,599
歌手:

山本サヤカ


作詞:

川村サイコ


作曲:

D・A・I


最後の荷物 まとめ終わって
父さんが ぼんやりと
畳の縁 さすった
「遅くなるから そろそろ行こう」
肩たたき 叔母さんさん笑う

台所の灰皿は
母さんの匂いがする
弟の友達が Ah-
手を振った

見慣れた風景が 涙で 滲んでく
幸せが 両手から こぼれ落ちる
春 まだ 浅きまま

遠くに白い 校舎が見える
春休み グランドが
夕焼けに染まり始める
部屋の棚に 隠したノート
君だけは 忘れないでね

携帯に残っていた
母さんの不在通知
聞かないで 消してしまう
今日はもう

大人にならないと
わからないないものが有る
真実は 私には 幼すぎて
雪 さえ 舞ってきた

4人で笑ってる 1枚だけの写真
桜咲く 校門で 2年前の
春 まだ 浅きころ
浅きころ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:惜春 歌手:山本サヤカ

山本サヤカの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-02-16
商品番号:AVCD-17623
エイベックス・トラックス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP