試聴する

月兎時

この曲の表示回数 1,539
歌手:

nano.RIPE


作詞:

きみコ


作曲:

佐々木淳


空を見てごらん 今宵月は満ちた
てっぺんに届いたらさあ始まりの合図だ
上を見上げりゃキリがないことばかり
下を見て安堵すんのも違うよな

描いてた未来も変わるだろう 少しずつ確かに
ぼくらはずっと歩いてきたんだよ 追い風も時には敵になるその中

決して満たされないから終われない 触れた刹那すべてが滲むように
あの日ぼくが夢見た場所ならもう 遥か後ろへ流れたんだ

エゴの後ろに何を隠していても
欠点を除いたら誰も惹かれはしないだろう
贄を捧げりゃ救われるものがたり
それを見て懺悔すんのも違うよな

いつの日かあの子も笑うだろう 正しくはなくても
それだけずっと唱えてきたんだよ 味方も時には敵になるそれでも

誰のせいにもしたくない 越えた先が影でも光でも
憐れみも情けももう欲しくはない
報われるなら次の世界 おなじ姿に生まれたいな

まだ歩いてゆくんだよ
追い風を追い越して風になるそれでも

空に浮かべた月には届かない 触れるものに限りがあると知って
それがぼくを宥める理由になるくらいならいっそ奪ってよ
満たされるまでは終われない 擦れるたびまた傷を増やしても
見上げるぼく 見下ろす月に潜むその姿に何を思う 何を歌えばきみに届く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月兎時 歌手:nano.RIPE

nano.RIPEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-29
商品番号:LACA-15736
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP