試聴する

なみだ雪

この曲の表示回数 3,558
歌手:

伊達悠太


作詞:

かず翼


作曲:

徳久広司


胸の底まで 染み込むような
みぞれがいつか 雪になる
北国の 北国の
春を待てずに 旅立てば
駅で見送る おまえの頬に
流れ流れて なみだ雪

人もまばらな ホームの隅に
舞いこむ雪に 明日を見る
戻らない 戻らない
夢を追いかけ 振り向くな
かたいベンチで 最終列車
待てば遠くで 泣く汽笛

いつかおまえを 迎えに来るよ
幸せひとつ 手土産に
その時は その時は
強く抱きしめ 離さない
なみだ溢れた おまえの頬を
拭いてやりたい もう一度
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:なみだ雪 歌手:伊達悠太

伊達悠太の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP