国境に近い愛の歌

この曲の表示回数 1,577

君が歌ってた
愛の歌を聞かせてよ
風が覚えてる
遠い夏のメロディー

国境に近い村
とうもろこしの畑
背の高い教会と
風車が 地図の代わり

小さな花さえ
ここで生まれて
大きな木々まで
ここで育った

車(ワゴン)の荷台に
異国の少年

ボウタイにサスペンダー
色白のその顔に
金色の長い髪
訛りが残る英語

あの丘に腰かけて
ハーモニカ 吹きながら
黄昏にひとりきり
故郷を 思ってた

果てないあの空
人は出逢って
流れる雲たち
人は別れる

声にはならない
心の歌声聞こえる

麦わらのこの帽子
少年に被らせて
この僕の身代わりに
自由に旅をしよう

風が覚えてる
遠い夏のメロディーを

君が歌ってた
歌の意味を教えてよ
胸に刻まれた
やさしそうなメロディーを

僕も歌いたい
愛の歌を聞かせてよ
風が覚えてる
遠い夏のメロディーを

君は生きている
そして僕も生きている
ずっといつまでも
聞こえるだろう メロディー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:国境に近い愛の歌 歌手:牧瀬里穂

牧瀬里穂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-09-17
商品番号:PCCA-478
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP