モグラ

この曲の表示回数 257
歌手:

小高芳太朗


作詞:

小高芳太朗


作曲:

小高芳太朗


笑顔が眩しすぎるから耳を塞いだ
ここには僕の居場所はないのだな

ただ、ただ僕は泣きたかった
笑うことに疲れ果てた

見上げた先には果てしのない夕暮れ
世界の終わりが来たみたいな色で
気付いたら僕は涙を流していた
息をするように

どうやら僕は独りになりたかった
誰にも解って欲しくなんてなかった

いっそ、いっそ僕は消えたかった
でも本当は生きたかった

見上げた先には果てしのない夕暮れ
言葉に出来ない なんか凄い色で
気付いたら僕は歯を食いしばっていた
息をするように

見上げた空には星が光り始め
命の数だけ街には灯が点り

生きてく力が僕にもまだ残ってる
泣いたり笑ったり誰かに恋をしたり
気付いたら僕は腹を空かせていた
息をするように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:モグラ 歌手:小高芳太朗

小高芳太朗の新着情報

  • トリス / ♪いつからだろうかいつ
  • 未来 / ♪雨が降りそうだな君が息を
  • 東京にて / ♪あの子の顔は浮かんできても
  • ルービロポッサ / ♪気楽にいこうぜ息抜こうぜ
  •  / ♪傍にいない君はいない

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-08
商品番号:CHKY-30
直球レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP