試聴する

めぐり

この曲の表示回数 1,195

もしも きみが 花咲くみたいに笑ったら
それを ぼくは 幸せと呼びたいな

もしも きみが ポタリと涙落としたら
それを ぼくは 何度でもすくい取るよ

雪が溶けた春も 青が眩しい夏も
訪れるめぐりを数えては 嬉しくなる

時をかさねて 小さな目に 世界はどんな風に映るかな
体温に触れて 笑えば ほらひとつ またひとつ生まれる

いつか きみが 心を絡めてしまったら
それを ぼくが ほどいて結びなおすよ

ぼくも きみも 足りないものがきっとある
だから いつも 手と手を離さずにいよう

燃える空の秋に 息吹が眠る冬に
とめどないめぐりに迷う日は 思い出して

なんてことのない一日さえ 同じ時は二度も来ないから
喜び痛みも 分け合えたら ひとつ またひとつ生まれる

時をかさねて 大人になったきみの側にもうぼくはいないけど
大切な人と出会い紡ぐめぐり またひとつ生まれる
愛がひとつ生まれる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:めぐり 歌手:神田莉緒香

神田莉緒香の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-27
商品番号:BSMU-27
bluesofa MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP