試聴する

月を見つめて哭いた

この曲の表示回数 1,972
歌手:

広瀬倫子


作詞:

尾崎亜美


作曲:

尾崎亜美


「忘れる」「忘れない」
「忘れられる」って思ってたのに
どうしようもない気持ちと
冷たい膝を抱え
Alone.....今頃 あなたは家路をゆく
Alone.....それとも あてもなく彷徨っている

浅い眠りを 繰り返しては
朝が来るのを待っているの
ただ傷ついた動物のように
月を見つめて哭いた

「信じる」「信じない」
守りたい人が 守れなくなる
欲しいものなんて当たり前すぎて
答えはNothing
Alone.....どうしてわからなかったんだろう
Alone.....自分を抱きしめることはできない
雨が降っても 風が吹いていても
あなたのそばにいたかった
時の移ろいに 負けないようにと
寄り添う花のように

浅い眠りを 繰り返しては
あなたの声を探している
ただひとときの夢を照らしてと
月を見つめて哭いた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月を見つめて哭いた 歌手:広瀬倫子

広瀬倫子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP