試聴する

白鳥 (Swan)

この曲の表示回数 969

翳りゆく世界に残された七色の記憶を
白鳥は黒い湖に溶かしていた
希望なんていらない 夢なんていらない
湖に映る自分の美しい姿だけ見てればいい
見てればいいの

ひとりぼっちでも
よろこびを天まで届かせることができる
ひとつだけ願いがあるとすれば
砂漠を歩いてみたい
そしてもうひとつ願えるなら
涙をこぼしてみたい

ひとりぼっちでも
よろこびを天まで届かせることができる

その夜 白鳥は美しく眠りについた
新しい世界の妖精たちに見守られて
月のかがやく湖に白鳥の涙こぼれてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白鳥 (Swan) 歌手:Nanaco + Riki Hidaka

Nanaco + Riki Hidakaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP