二者穿一

この曲の表示回数 16,981
歌手:

六花


作詞:

毛蟹(LIVE LAB.)


作曲:

西岡和哉


失くしてばかりだって
ずっと思っていたから
代わりを見つけた時
嬉しいと
そう思えたんだ

正しいこと
間違えたこと
まだ決まってやしないでしょう

二つに一つ
響いたら
空を突き抜けるまで

二つで一つ
結んだら
光(いのり)を束ねるだけ

選んだこの道が
行き止まりでも
貫く
二者穿一

心だけが逸って
生きる様を語った

体だけが残って
死に様を失っていた

閉じていた戸を
開け放つ度
旗を掲げる音がした

二つに一つ
握ったら
ずっと離さないように

二つで一つ
進んだら
境(はざま)に落ちて行くだけ

照らしたその日々が
遠くなっても
貫く
二者穿一

駈け抜けてくその
命の先には
「儚さが待つ」など
まだ終わってやしないでしょう

二つに一つ
響いたら
空を突き抜けるまで

二つで一つ
結んだら
光(いのり)を束ねるだけ

二つは一つ
握ったら
ずっと離さないように

二つは一つ
進んだら
記憶を交えるだけ

選んだこの道が
行き止まりでも
貫く
二者穿一

貫く
二者穿一
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二者穿一 歌手:六花

六花の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-14

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP