試聴する

first song(at the terminal)

この曲の表示回数 5,273
歌手:

cinema staff


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


これから最終バスに乗り込んでいく君へ 花束を

いつの間にやら夜は更けて出発点
白い箱の中で別つ未来のスライドショー

本当はずっと前から分かっていた気がする
何が幸せかは君自身が決める訳で

嘘のない言葉だけ鞄に詰めたんだ

これから最終バスがストーリーを乗せて君を連れ去っていく
窓の向こうの世界にはもう僕が居ない

2002からやり方は変えてない
完璧なものだけを作る為にやってない

20×× ダイヤモンドを磨き続ける
もしそれが偽物でも構わないんだよ

最終バスが運命を超えて目指すのは水平線
置き去りになった僕は赤い月を見た

フリーユアハンズ まだ行けるかい、正しいかい?

これから最終バスがストーリーを乗せて君を連れ去っていく
窓の向こうの世界にはおやすみを
終わりが来た日にはエンドロールに君の名前を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:first song(at the terminal) 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 新世界 / ♪行け僕を放て細いその目
  • daybreak syndrome / ♪風が来ない日が続いたんだ
  • AIMAI VISION / ♪ハローぼく今ただ青い青いきみ
  • GATE / ♪2月を過ぎた東京にいる呼吸を
  • 斜陽 / ♪だれも傷つくことなくもう惑う

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/06/13
商品番号:PCCA-4674
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP