十九のまつり −まつりパートII−

この曲の表示回数 10,075
歌手:

北島三郎


作詞:

なかにし礼


作曲:

原譲二


祭りの夜に あの娘が泣いたよ
別れが辛いと すがって泣いた
踊ればまぶしい 絣(かすり)のゆかた
か細い指先に 月影白い
あの娘の涙がなつかしい
あれは十九の 秋祭

一年あとの 祭りの季節に
あの娘は黙って お嫁に行った
真っ赤な夕陽の 小川の道を
泣き泣き馬の背に 揺られて行った
あの娘と別れた悲しみが
俺の勇気の 湧きどころ

祭りが恋し ふるさと愛(いと)しい
夜風が散らした 初恋悲し
瞼を閉じれば あの娘がうかぶ
やさしい面影は 今でも十九
幸せ祈るさどこまでも
俺の人生 秋祭り
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:十九のまつり −まつりパートII− 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-06-05
商品番号:CRCN-41109
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP