菖ごころ

この曲の表示回数 1,624
歌手:

島茂子


作詞:

Kaoru


作曲:

島茂子


風に揺られて、想い焦がれて、求め続けて
この八橋で、皐月に抱かれ、貴方の瞳、映りたいから…
まるで花かるた、浮き世の泡沫(うたかた)
手繰(たぐ)り寄せて、夢見させて、心、燃えさせて
いつか詠まれてた、あの詩のように、
惹かれるなら、どうぞ戻りなさい、馴染んだ唐衣(からぎぬ)の元へ
一人で眺めた景色
変わりゆくこの景色
川のほとり一松(ひとつまつ)の下で
わたし
風に揺られて、待ち続けます、また咲く日まで
梅雨の香りで、思いだしてね、貴方の心、移りたいから…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:菖ごころ 歌手:島茂子

島茂子の新着情報

  • 戯言 / ♪重ねた月日を数えてみたけど

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:JABA-5198
ジェイ・ストーム

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP