試聴する

花束

この曲の表示回数 3,706
歌手:

polly


作詞:

越雲龍馬


作曲:

越雲龍馬


眠ることを忘れて
夜は朝を隠した

血の涙が溢れて
君は僕を忘れた

いかれた感情が日々を溶かしたんだ
気まぐれを許してよ 今だけは...
束ねた三輪の花を枯らしたんだ
少しだけこの僕に似てるから

左の眼をなくして
少し安心してた

戻る場所はないけど
それでもいい気がして

落とした眼球を舌で溶かしたんだ
飴玉に似てるような気がしてさ
何処かで老人が哀を焦がしたんだ
君にだけ見せるから此処へ来て

愛じゃなかったんだ
哀が残ったんだ
傷になり気づくのは痛いから

花を咲かせたんだ
すぐに枯らしたんだ
鮮やかな藍色が哀しくて

サヨナラ
泣いたんだ あなたは泣いたんだ
僕にだけ気付かせて魅せるから
あなたを刺したんだ
静かに刺したんだ

-花束を渡すまでここにいて-
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花束 歌手:polly

pollyの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/05/09
商品番号:UKDZ-193
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP