十六夜月の女恋歌

この曲の表示回数 10,184
歌手:

竹村こずえ


作詞:

内藤綾子


作曲:

西つよし


男は死ぬまで 夢を抱(み)る
女は死ぬまで 男の夢を待つ
ガラクタばかりの おもちゃ箱
なんにも言わずに 出ていっちゃった
ため息つけば しあわせ逃げる
泣いたら なおさら背を向ける
手のひらに のせた月
満ちては欠けてく 人の世か…
酔えば 酔うほど はぐれた こころが憎らしい
十六夜月(いざよいづき)の 女恋歌

夜更けのテレビを つけたまま
寝たふりしながら 待つのも慣れてきた
縁側ひとりの 月見酒
貴方は今頃 どうしているの
愛していると 今さら想う
それでも 待つしかないけれど
庭先の 秋桜(コスモス)が
今年も綺麗に 咲いてます…
酔えば 酔うほど 秋風 素肌に冷たくて
十六夜寂し 女恋歌

酔えば 酔うほど はぐれた こころが憎らしい
十六夜月の 女恋歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:十六夜月の女恋歌 歌手:竹村こずえ

竹村こずえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP