罪の味

中条きよし

罪の味

作詞:及川眠子
作曲:都志見隆
発売日:2018/03/07
この曲の表示回数:13,894回

罪の味
扉が閉まるそのとき
僕に何か言いかけたね
あなたを乗せた電車が
闇の向こうへ消えてく
ただ逢いたくて でも逢うたびに
ヒリヒリと 胸が痛む
帰る場所(ところ)が ある人のこと
愛してしまった罪なのか

抱きしめたい できるならば
夢だけじゃもう 足りないから
何もかもを 忘れさせて
その唇 ふさぎたい

輝く月の明かりに
今日のあなたは無口で
ひたすら僕の気持ちに
気付かないふりするだけ
いま愛しくて でも愛しさは
悲しみに 姿変えて
あなたが守る幸せさえも
こなごなに壊してゆくけど

抱きしめたい 一夜(ひとよ)でいい
夢のままで 終われなくて
甘く苦(にが)い 罪の味を
その素肌に 求めてる

抱きしめたい 抱きしめたい
夢だけじゃもう 足りないから
何もかもを 忘れさせて
その唇 ふさぎたい

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム