罪の味

この曲の表示回数 5,145
歌手:

中条きよし


作詞:

及川眠子


作曲:

都志見隆


扉が閉まるそのとき
僕に何か言いかけたね
あなたを乗せた電車が
闇の向こうへ消えてく
ただ逢いたくて でも逢うたびに
ヒリヒリと 胸が痛む
帰る場所(ところ)が ある人のこと
愛してしまった罪なのか

抱きしめたい できるならば
夢だけじゃもう 足りないから
何もかもを 忘れさせて
その唇 ふさぎたい

輝く月の明かりに
今日のあなたは無口で
ひたすら僕の気持ちに
気付かないふりするだけ
いま愛しくて でも愛しさは
悲しみに 姿変えて
あなたが守る幸せさえも
こなごなに壊してゆくけど

抱きしめたい 一夜(ひとよ)でいい
夢のままで 終われなくて
甘く苦(にが)い 罪の味を
その素肌に 求めてる

抱きしめたい 抱きしめたい
夢だけじゃもう 足りないから
何もかもを 忘れさせて
その唇 ふさぎたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:罪の味 歌手:中条きよし

中条きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP