試聴する

さよなら夏の少年(Second Summer ver.)

この曲の表示回数 1,185
歌手:

さよならポニーテール


作詞:

324P


作曲:

324P


夏の終わりを告げる夕立が ふたりの肩を激しく濡らす
また会えるよね、なんて きみは言うけど

青い空に浮かんだ飛行船 緑色に輝いた稜線
夏休みが終わると ここを離れる

さらば 夏の日 君に会いたいよ
息も出来ないくらいに好きだった きみのことが
過ぎていった 日々の影が 今もぼくを 責めるよ

蝉時雨の畦道を歩けば 夕焼け空に広がるうろこ雲
10年ぶりのこの町は小さく感じる

なにかを探す 夏の少年 在りし日の自分を重ねてる
きみはもういないと わかっているけど

さらば 夏の日 忘れられないよ
あの日描いた夢を きみはまだ 憶えているの
風が吹いて 消えていった 思い出だけ 残して

どこに行っても きみの影を 見つけてしまう
今も鮮やかによみがえる あの夏の日
さよなら言いにきたはずなのに

夏の終わりを告げる夕立が 僕の心を激しく揺らす
ずぶぬれで歩く少女が きみに見えたよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよなら夏の少年(Second Summer ver.) 歌手:さよならポニーテール

さよならポニーテールの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TPRC-190
T-Palette Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP