試聴する

さよならガール

この曲の表示回数 116
歌手:

H△G


作詞:

H△G


作曲:

H△G


通い慣れた道、ほつれた制服、何気なく過ぎた時計の針。
名もなき青さは思い出という名の花束となり色付いてく。

リュックの中にクラッカーと一緒に詰めた、
夢や希望、色褪せることなき日々。

雨あがりバス停でマフラーを外した、さよならガール。
君はその目に何を映してゆくのだろう。

三月の曖昧な毎日にさよならがある。
春めいた町、桜待ち、君だけのストーリー。

汚れた自転車、すり減ったローファー、はしゃいで写した手ぶれ写真。
春が来る度に思い出すだろう。冬が終わる度に思い出すだろう。

積み木のように危うく重ねて来た日々は、
危ういまま、かけがえなき日々になる。

さよならを繰り返し、さよならを積み重ね、さよならガール。
君はその目に何を映してゆくのだろう。

三月の不確かな毎日にさよならがある。
見上げた空、虹を待つ、君だけのストーリー。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよならガール 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TKCA-74628
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP