秋風ノスタルジック -New Version-

この曲の表示回数 310
歌手:

H△G


作詞:

H△G


作曲:

H△G


友達と教室と作り笑いと、昨日と同じ今日とただ暑さと。
七月の校庭のその眩しさに、僕らはいつも置いてかれてた。

流れてゆく時を、足を止めて少し眺めてた。涙はなく悲しくもなく。

今年も綺麗なままでめぐる季節の変わりめに気付かないまま。
戸惑い隠せなくて僕は秋の風の中、また鍵をかけるのでしょう。

忘れてく掠れてく君の声を、壊さないように開いてみた。
傷つけるつもりなど、きっとなかった。空はあの日より青かった。

音さえなくただ過ぎる日々が、かけがえなくなるなんて今は思えないな。

今年も綺麗なままでめぐる季節の変わりめに気付かないまま。
戸惑い隠せなくて僕は秋の風の中、立ち尽くした。立ち尽くしていた。

繰り返すことすら優しく思える今が少しだけ寂しく。
“さよなら”また今を振り返るその日まで“ありがとう”と、
“ありがとう”と嘘をつく。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秋風ノスタルジック -New Version- 歌手:H△G

H△Gの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:TKCA-74627
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP