試聴する

同窓会の手紙

この曲の表示回数 3,584
歌手:

藍坊主


作詞:

佐々木健太


作曲:

佐々木健太


サビだらけのタイヤを転がした 裾の汚れたレインコート
何の話をしたのかたいして覚えちゃいない 空が低かった

あいつは冬でもいつも半ズボン そのくせいつも鼻水を垂らしていた
あの子はあったかそうな手袋をいつもして
見えないお母さんと手を繋いでた

僕らはふざけあった ビニールシートを屋根にした青空の中で

あなたはいま どこで なにをしてるの?
仕立てのいいスラックスで 風を切ってるかな
あなたはいま どんな やわらかい顔で
あったかそうな手袋を 握ってあげてるんだろう
ぼくらは最強の空を作ったよな

あの子が話すお母さんを 雨を見ながら聞いていた
頭の中のママはとても優しい目をしてた
僕はうらやましくなって 帰りたくなった
あいつはぼんやりガムを噛んでたっけ

僕らはひとつだった ビニールシートを空にした晴れの中で

あなたはいま どこで なにをしてるの?
染みひとつない革靴に ビルを映してるかな
あなたはいま どんな やわらかい声で
消えていった人たちを 愛しているのだろう
ぼくは同窓会の手紙をまた捨てた

サビだらけのタイヤを転がした 裾の汚れたレインコート
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:同窓会の手紙 歌手:藍坊主

藍坊主の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-24
商品番号:TRJC-1078
TOWER RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP