試聴する

鈍色の日

この曲の表示回数 2,718
歌手:

Uru


作詞:

Uru


作曲:

川口大輔


ゆらゆら ゆらゆら 風に揺られてる
ゆらゆら ゆらゆら 風に靡かせている
つらつら つらつら 糸に引かれてく
つらつら つらつら 糸を引いてく

いつかは辿り着ける日を 心に描きながら
鈍色巻く 明日に怯えては 立ち止まる

生きてく力の弱さを 初めて知った時に
「それでも信じて歩む」
その意味が やっとわかった

ひらひら ひらひら 薄く照らされる
ひらひら ひらひら 薄く仰いでる

生きてく力の弱さを 初めて知った時に
「それでも信じて歩む」
その意味が やっとわかった

凛と 魅せている 窓に誇る造花が
空に背を伸ばして 光を浴びている

確かなものを求めては 傷つき 破れながら
それでも また立ち上がる 例えどんなに醜くても

生きてく力の強さを 心に願った時
弱さを纏った自分も 許すことができた気がした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鈍色の日 歌手:Uru

Uruの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-20
商品番号:AICL-3458
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP