試聴する

水槽

この曲の表示回数 14,605
歌手:

amazarashi


作詞:

秋田ひろむ


作曲:

秋田ひろむ


車両基地のレールが 喘息みたいに軋む音がして 雨が近いことをさとる
ショッピングモールの駐車場では ベンチに腰掛けた春が
ATMが開くのを待っていた
陽射しは依然、退屈な音量で オルゴールみたいなジャズは
この町に似合うことを自覚してるから 鳴るべくして鳴っているのだ

僕らは焦りで満たされた 水槽で生きてるから
僕らは恐れが充満した 喫煙室で暮らしてるから
今日が終わることに焦りも恐れもなく
清書された一日を 目でなぞる様に そして、あくびを噛み殺しもしない

誰かそのエアーポンプの電源を切ってくれないか
さもなくば僕がそうする

見てみろよ これが世界の全てだ
シャッター商店街 環状道路7号線
地元のラジオから流れるスタジアムロックが
大仰なエンジン音で ネズミ捕りに捕まった
退屈も悪くないって言葉は 退屈以外を知ってはじめて言えるんだ
そして、あのパチンコ店の看板
あれが世界の果てだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:水槽 歌手:amazarashi

amazarashiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-13
商品番号:AICL-3468
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP