試聴する

空白の鳥

この曲の表示回数 5,361
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

大木伸夫


また月の影に 僕ら
隠れていた 繰り返し

絡み合った二重螺旋が
ケラケラと笑い合っている

ヒリヒリと目が眩む
膨らんでゆく夜の所為さ

気付かないふりをして
ただ笑っていたかっただけ

夜の中で忘れていた
この空の深い青を
そして あの鳥が消えていく

月明かりが眩しかった
揺らいでた僕の所為さ

気付かないふりをして
まだ笑っていたかったんだ

染み付いた影に 僕ら
心さえ消えかけて

傷になって 痛くたって
心だけ守っていたんだ

月明かりが眩しかった
あの空は綺麗だった

でも僕は嫌いだった
あの空が嫌いだった

飾り合って生きていたんだ
絡み合って生きていたんだ

壊れたって生きていたんだ
生きてたんだ

夜の中で忘れていた
この空の深い青を
そして あの鳥が消えていく

夜の中で目を閉じた
この空を超えて行くよ
そして あの鳥に触れて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空白の鳥 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-13
商品番号:TYCT-60112
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP