試聴する

最低な朝と名付けたのは

この曲の表示回数 2,476
歌手:

ASCA


作詞:

大塚利恵


作曲:

津波幸平


本気で泣いた
今日こそが始まり

皆と同じ笑顔作れずに
写真の端 切り捨てた あの頃

変わりたくて 変われなくて
認めたくて でも認められずに
疼きだした夢に気付かないフリして

最低な朝と名付けたのは
眩しすぎる陽が 怖くて 逃げたくて
本当は走り出したかった
心が求めるまま明日へ
本気で泣いた
今日こそが始まり

優しい声かけられるたびに
遠ざけてしまう そういう自分が憎い

傷つくこと 傷つけること
最初から全部摘み取ってしまえばと
生まれ来るはずだった感情たち
葬った

最低な朝と名付けたのに
眩しすぎる陽は 微笑むばかりで
本当は素直になりたかった
心が求めるぬくもり抱いて
わたしだけが
わたしを生きるんだから

呼吸が聞こえる
静かな風が
孤独な夜を受け止めた
もう目を背けない

最低な朝と名付けたのは
眩しすぎる陽が 怖くて 逃げたくて
最高の瞬間はここにはない
心閉ざしたままの世界には
本気で泣いた
今日の日が始まり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最低な朝と名付けたのは 歌手:ASCA

ASCAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-22
商品番号:VVCL-1125
SACRA MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP