試聴する

London~38 east end road

この曲の表示回数 4,261
歌手:

ASKA


作詞:

ASKA


作曲:

ASKA


煉瓦色の街が恋しくなる
霧雨はあれほど優しかった

並ぶ電車を乗り継いで 街へ繰り出した

今もまだあるだろうか 緑のドア
庭先で餌をあげた小鳥やリス

遙か昨日のこと

襟を立てて胸を握りしめて
目的もなく顔を上げて歩いた

何を求めていたのだろう 外国人として

知りたかった自分のこと 誰よりも
夢は明日と同じくらい仲間だった

確かにそうだった

静けさだけが目の前を通り過ぎた
とびきり新鮮な星が胸に輝いていた

知りたかった自分のこと 誰よりも
夢は明日と同じくらい仲間だった

知りたかった自分のこと 誰よりも
夢は明日と同じくらい仲間だった

確かにそうだった
遙か昨日のこと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:London~38 east end road 歌手:ASKA

ASKAの新着情報

  • cry / ♪椅子の背もたれを抱いた
  • メリーゴーランド / ♪僕の住む街を流れる川があった
  • FUKUOKA / ♪つま先をコンとついて鞄を脇に
  • Be free / ♪真夜中にふと目が覚めてしまう
  • リハーサル / ♪大きな的が僕を挟んで音を出す

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-10-25
商品番号:DDLB-4
DADA LABEL

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP