哀しみの足音

河嶋けんじ

哀しみの足音

作詞:伊藤美和
作曲:小田純平
発売日:2017/11/01
この曲の表示回数:30,759回

哀しみの足音
当たり前のように 夜が更ければ
去って行く背中を ぼんやり見てた
眠った町に 遠のく足音
せめて一度くらいは 振り返ってほしくて

わかっているの 未来などないのは
わかっているの 待つのはいつでも私だけ
凍える胸に 聞こえる 哀しみの足音

一人になることが とても怖くて
そばにいる時さえ 寂しいくせに
それでもあなたに 抱きしめられれば
やっと決めた別れが 崩れ落ちてゆくから

わかっていたの 愛してはだめだと
わかっていたの 心は移ろい変わりゆく
涙と共に 流れる 哀しみの足音

わかっているの 未来などないのは
わかっているの 待つのはいつでも私だけ
凍える胸に 聞こえる 哀しみの足音

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:02:15

  1. 残響散歌
  2. 最初から今まで(日本語バージョン)
  3. 粉雪
  4. 雲外憧憬
  5. 3 3 4 1

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 心という名の不可解
  2. IT'S A BOP
  3. マザーランド
  4. 過学習
  5. Victim of Love feat. Taka

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照