試聴する

酒よおまえは

この曲の表示回数 6,970
歌手:

小田純平


作詞:

かず翼


作曲:

小田純平


鴎が一羽啼く声か 汽笛が遠く咽ぶのか
港夜雨(よさめ)がそぼ降る町で
夢に今夜も 倒れ込む

時代に媚びず 生きろと言った
父親(おやじ)の言葉が心をよぎる
酒よおまえは 酒よおまえは
なんで涙を 誘うのか

忘れたはずの面影が グラスに浮かぶ夜がある
時の彼方に 置き去りにした
恋のつらさを 思い出す

詫びても遅い 恨んでくれよ
幸せひとつも やれない俺を
酒よおまえは 酒よおまえは
なんで過去(むかし)を 連れてくる

淋しさだけを道連れに 男の旅は続くけど
胸にいつでも 故郷へ帰る
白い線路が 走ってる

酔いどれながら 今夜もひとり
明日へ向って 拳を握る
酒よおまえは 酒よおまえは
俺に勇気を くれる水
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酒よおまえは 歌手:小田純平

小田純平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-03-01
商品番号:YZWG-5014
エイフォース・エンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP