試聴する

あたし天使の堪忍袋

この曲の表示回数 11,344
歌手:

大森靖子


作詞:

大森靖子


作曲:

大森靖子


人違いでリンチされた少年を
一目みてこいにおちた少女

ただこの街の名もない歌は ゴミ
黒いカラスついばむ白い袋

からっきしドツボの優しさが
服を着てなんとかやっている
あれとそれを足して二で割ったのが
私だってもうわかっている

明け方の記憶は途切れ途切れ
うちに帰るために生きている身体
愛してくれなんて言えないわけは
朝日がまぶしい
ただそれだけ
あああ あああ あああああ
あああ あああ あああああ

まるっきりずれた憧れをずっと
貫いてられれば幸せなのに
でも全部最初からわかってたし
最初から全部失ってた

明け方の記憶は途切れ途切れ
うちに帰るために生きている身体
愛してくれなんて言えないだけど
明日もちょっと
付き合ってくれ
あああ あああ あああああ
あああ あああ あああああ
あああ あああ あああああ
あああ あああ あああああ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あたし天使の堪忍袋 歌手:大森靖子

大森靖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-03-20
商品番号:PINK-2
PINK RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP