試聴する

陸上部の夏

この曲の表示回数 5,498
歌手:

神聖かまってちゃん


作詞:

の子


作曲:

の子


夏を走る合唱曲を
自転車で通り越し電車にのりこむ
生きる喜び 昼下がる道
炭酸ジュース開けて
ため息をつくよ

こんな時は過ぎる
また翔けだして走る
弱くても一人で咲いているんだ
時は過ぎる
大地に両足つけて
ミュートした
その日からまたひとり走りだす

何周廻る 校舎向こうへ
体育館で授業中 大人しい僕さ
暑い日差しの中 フェンス沿いをゆく
僕のシューズが光る
靴紐結んで

こんな時は過ぎる
雨の中を走る
哀しい日も一人で咲いているんだ
時は過ぎる
大地に両足つけて
ミュートした
その日からまたひとり走りだす
ひとりで走りだす

(yeah!まさに)
時は過ぎる
また翔けだして走る
弱くても一人で咲いているんだ
時は過ぎる
大地に両足つけて
ミュートした
その日からまた一人走りだす
この足音が鳴りだす

夏と今僕は
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:陸上部の夏 歌手:神聖かまってちゃん

神聖かまってちゃんの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-09-06
商品番号:WPCL-12718
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP