試聴する

invisible myth

この曲の表示回数 2,453
歌手:

+α/あるふぁきゅん。


作詞:

毛蟹


作曲:

毛蟹


そしてまた空が落ちて 何もかもなかったことになるでしょう
きっとまだ足りないから あと少し退屈が続くでしょう

枯れないように水を与えよう 花は育たないまま
滲まぬように穴を開けよう 全て

ここはまるで 語り尽くされた 神話のよう
本当はまるで 食い尽くされた様

時には手を伸ばして 触れたくなってしまって
その罪も罰も 背負えるほどきっと 強くないから

蟻のように列を成して動く様を見る 数えたら有意義?or無意味?
心にもないことを考えて立ち止まる 心なんて持ってないけど

苦しまぬように毒を与えよう 想像できないまま
届かぬように枝を落とそう 知らないまま

どうしようもないほど 体は冷え切っていて
難しいことじゃないのに 息苦しい

ここはまるで 語り尽くされた 神話のよう
本当はきっと 知っているから
だから今 光を 目に涙を 心に花を
誰もが望む 退屈な神話を

時には手を伸ばして 触れたくなってしまって
その罪も罰も 背負えるようにきっと
強くなるから どこまででも
強くなるから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:invisible myth 歌手:+α/あるふぁきゅん。

+α/あるふぁきゅん。の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-05-24
商品番号:TKCA-74502
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP