まぼろ市立美術館

この曲の表示回数 595
歌手:

水戸華之介


作詞:

水戸華之介


作曲:

水戸華之介・杉本恭一


週末なのに訪れる人も少なくて
知る人ぞ知るという美術館
受付には無造作に白い箱
適当な額を放り込む

南国の鳥が複雑に飛ぶ青い空
不自由と自由の狭間の恋模様
すれ違いは永遠の別れじゃない
ちょっとした神のいたずら

海底で回るレコードプレイヤー
かすかな傷で同じフレーズを繰り返す
もう一度もう一度もう一度とだけ
あきらめきれずに繰り返す

まぼろ市立美術館
まぼろ市立美術館

草も生えない荒野に沈む夕陽
走り去る白い馬の後ろ姿
何もかもをゼロに戻すリセットボタンを
押す勇気押さない勇気どちらも勇気

年老いた農夫は目をそらさない
確かにここにいる それがすべて
語るほどの派手な出来事はなかったけれど
ここにささやかな墓が欲しい

まぼろ市立美術館
まぼろ市立美術館
心の描くまま
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まぼろ市立美術館 歌手:水戸華之介

水戸華之介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-05-17
商品番号:TECH-30506
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP