静かな雨のロマンス

この曲の表示回数 2,479

静かな静かな雨が 旅路の心を
愛しく濡らして降る ロケ先のことさ
行きずりの喫茶店で ふと見た人の
きれいな瞳がなぜか 忘れられない

「えー そうです。ぼく勝新太郎ですけど、なにか…
あゝ あなたがあの…
いつもS・Yっていう頭文字だけでお手紙を下さる…
あゝそうですか あれ、あなただったんですか…。」

静かに静かに語る あの夜の二人を
思えば懐かしい夢 ひとときの恋さ
ほの香るも香の味も いつしか冷めて
寂しい笑顔でそっと 別れたけれど

「あの時もやっぱり S・Yって言っただけで…
とうとう本当の名前を教えてくれなかったけど…
あゝあ あの若き日の思い出にまたたく瞳…
S・Yの君か…」

静かな静かな雨に 暮れゆく過た日の
うつろな心にまた 浮かびくる瞳
あの夜の喫茶店で しょんぼり一人
今頃あの娘はなにを 思ってるだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:静かな雨のロマンス 歌手:勝新太郎

勝新太郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-07-16
商品番号:TECE-28042
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP