試聴する

薄氷祈り

この曲の表示回数 3,536
歌手:

吉岡亜衣加


作詞:

日山尚


作曲:

myu


はらはらと散る花を
独り見つめていた
行く宛てもないまま
影だけが伸びてゆく

眩しくて混ざれない世界に
焦がれながら背いた日も今は遠く

耳を塞いでも
聞こえる君の言の葉
この薄氷の空を優しく照らす

手のひらで掬われた
雪の跡は消える
最後まで儚く
ひたすらに美しく

白すぎて穢(けが)せない世界も
明日はもっと愛おしいと思えるよう

絶え間なく光る
哀しみ凍る涙よ
いつか笑顔に溶ける想いを秘めて

繋がる心の温もりを
忘れないなら

瞼閉じる度
感じる記憶の向こう
この暗闇に浮かぶ景色は
鮮やかに染まる
未来へ続く世界で
ただ幸せを願う
薄氷祈り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:薄氷祈り 歌手:吉岡亜衣加

吉岡亜衣加の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-02-15
商品番号:KDSD-972
ティームエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP