Seasons Of Change

この曲の表示回数 17,031

耳をすませば聴こえてくる
大地のつぶやく声
心の瞳を拓いたら
海は七つの色
ぼくが生きてる街は
狭い小さな砦
未知の世界は
大きく両手広げて

叶えると決めたから
行けるのさ思うがまま
吹き荒れる嵐すら
太陽の下だから
ぼくは
越えるだろう

地球が生まれた頃から流れてる
氷の河
そのあいだには幾度か
景色は変わったのだろう
ぼくが生きてる今は
一瞬にも足りない
だからなるべく遠くを
見据えていたい

苦しさに揺いでも
よどみなく時間は過ぎ
どこを見て何をめざす
命途絶える果てに

闇を抜け虹を渡り
行けるのさ自由だから
目の前にとらわれず
はるか真夏を想う
ぼくが
越えるだろう

限りなく続く
Seasons of change
本当の事を

苦しさに揺いでも
よどみなく時間は過ぎ
どこを見て何をめざす
命途絶える果てに

闇を抜け虹を渡り
行けるのさ自由だから
目の前にとらわれず
はるか真夏を想う
ぼくが
越える

叶えると決めたから
行けるのさ思うがまま
吹き荒れる嵐すら
太陽の下だから

きみと
越えるだろう

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Seasons Of Change 歌手:SING LIKE TALKING

SING LIKE TALKINGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-28
商品番号:FHCF-2372
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP