西の太陽 東の野薔薇

この曲の表示回数 1,593

私へと踏み込もうとする存在よ
なんて哀れなの…

この右手が綴る言葉は
そぅ 誰のものでもないわ
今 美しくこの身体の底で
息をする 深い自我は
どんな まやかしにも
枯れることはないの

感情が築く世界へと踏み込もうとする
浅はかなものよ…この声に枠などないわ

足元を広げたこの意識は
歌うことを 今日も悦びにして
かけがえのないものへの
愛をも磨いてゆく
どんな力にも滅びる事はなく

黄昏と甘いブルースは この肌の奥に
生き続けている…この声に枠などないわ

感情が築く世界へと踏み込もうとする
浅はかなものよ…この声に枠などないわ
黄昏と甘いブルースは この肌の奥に
生き続けている…この声に枠などないわ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:西の太陽 東の野薔薇 歌手:嶋野百恵

嶋野百恵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP