12歳の衝動

この曲の表示回数 8,092

捨て台詞 砂をかんだ夜 がむしゃらにただ立ち向かった
擦り切れた膝 泣き虫たちが ほらまた胸の辺りにこみ上げる

12歳の衝動は ただ単純に負けが嫌だった
しょうもないインチキなヒーローに 憧れたりして

飛べない鳥の干支を纏った僕が次の世代を任されたのです
12歳の衝動を忘れちゃいないさ 砂を噛んでも何度だって立ち向かいます

校庭の砂 風と踊るとき 外はまるで濁るパレードさ。
その中で吐く息は噎せる 飛べない烏が羽ばたいている

ボールを追いかける 僕らは単純に馬鹿だった
しょうもないインチキ遊びに すげぇマジだったりして

果たして僕らの夢は叶ったでしょうか だらしない若者と言われ続けて
夢見た果てに何一つこの手に掴んでない
情けない僕を許して

飛べない鳥の干支を纏った僕が 世代を任された以上
だから今こそ しまってたはずの衝動で立ち向かいます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:12歳の衝動 歌手:the youth

the youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-28
商品番号:TOCT-25026
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP