きみはどこまで美しくなるのか。

この曲の表示回数 3,443
歌手:

因幡晃


作詞:

因幡晃


作曲:

因幡晃


見まちがえるほど 逢わなかったけど
少女のおもかげを 今も残して
ゲーテの詩集を 読んでは涙ぐみ
死ぬまで一人で
生きてくって言ってたきみ
恋をしたんだね
かくさなくても すぐにわかるよ
軽いめまいの中で きみは大人になった
きみはどこまで美しくなるのか
限りなく甘い胸のほてりを
感じてゆくのか

誰かを待つ事ほど つらいものはない
いつかの約束も 不安におびえながら
淋しさにたえることで 人は知るという
何にも変えがたい 愛のおもさを
恐いほどきみは 女らしく変っていくだろう
でも今のあどけない仕草 残していて

きみはどこまで美しくなるのか
限りなく甘い胸のほてりを
感じてゆくのか

きみはどこまで美しくなるのか
限りなく甘い胸のほてりを
感じてゆくのか

ララララ……………
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:きみはどこまで美しくなるのか。 歌手:因幡晃

因幡晃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-02
商品番号:MHCL-1356
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP