帰郷

この曲の表示回数 3,193
歌手:

因幡晃


作詞:

因幡晃


作曲:

因幡晃


髪をかきあげた指で あなたは
とまどう私のほほに やさしくふれた

季節はずれの 寒さのせいじゃない
ふるえる肩は 別れを感じているから

都会の暮らしにつかれて
今ふるさとへ帰るあなた
おまえのせいじゃないと
何度もすまなそうに
弱い男なんだと
そんなに自分を痛めつけて
やけにだけはならないで

時が迫ってくるごとに
人ごみが激しくこみあう 駅のホームのはずれ

ふたりで過ごした日々(とき)を
ひとりで生きてみるわ
でもそれが過ぎたら
すぐにあなたのもとへ
とんでゆく 何も持たずに
強い女だなんて自分じゃ思っていない
でもあなたが許してくれるのか

汽車は遅れることもなく あなたをふるさとへ
連れ去ろうと ベルが鳴るのを待っている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:帰郷 歌手:因幡晃

因幡晃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-02
商品番号:MHCL-1356
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP