試聴する

ベッドルームアンドシープ

この曲の表示回数 9,263
歌手:

サイダーガール


作詞:


作曲:


気怠い夜は眠れなくて
君が起きるまでもうちょっと
ゆらゆらしたいだけって窓の外を眺めていた

君に隠れては飛び出して
朝が起きるまでもうちょっと
高鳴る鼓動を手招きする その先へ

街灯に僕は照らされた
線路沿い 秘密の場所へ行こう

これから街を抜け出して踊ろうよ
羊たちも静かに眠る街から
このまま夜の向こう側へ行けないかな
なんて照れ臭い事も僕は歌ってみせるよ

眠れずに嘆いてる君も
酔いどれで騒ぐ人たちも
二十四時間働く販売機も
ベンチに横たわる野良猫も

これから街を抜け出して踊ろうよ
羊たちも静かに眠る街から
このまま夜の向こう側へ行けないかな
なんて眠れない夜も僕は越えてみせるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ベッドルームアンドシープ 歌手:サイダーガール

サイダーガールの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-09
商品番号:PROE-1012
CIDER RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP