試聴する

卒業の日のカフェ

この曲の表示回数 2,512

アルバムを開いて思い出確かめあった
夕暮れ間近の席で
窓から見える桜の木が
優しげに芽吹いていました
卒業の日のカフェで
きみはいくつおとなになったのでしょう
淡く色づいたそのくちびるが
僕にはまぶし過ぎて
恋をなくしたことにさえ気づかなかった…
ひとつの季節が終わったあの日

手編みのマフラーふたりでくるまりながら
小さなキスを交わした
そんな幼い戯れさえ
今はただせつないだけです
卒業の日のカフェで
きみはいくつおとなになったのでしょう
咲く時を知った野の花のように
背筋をふいに伸ばし
言葉持たないこの僕に微笑みかけた…
ひとつの季節が終わったあの日

卒業の日のカフェで
きみはいくつおとなになったのでしょう
淡く色づいたそのくちびるが
僕にはまぶし過ぎて
恋をなくしたことにさえ気づかなかった…
ひとつの季節が終わったあの日
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:卒業の日のカフェ 歌手:はやぶさ

はやぶさの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-02
商品番号:VICL-37191
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP