試聴する

真夏の雪だるま

この曲の表示回数 1,606
歌手:

ワカバ


作詞:

亀田大


作曲:

亀田大


ごめん淋しくさせてばかりで
退屈さ 君がいなけりゃ
約束どおり 迎えにゆくよ
まばらにヘッドライト 灯り始めた
あてもなく足跡伸ばす
そうこれから 二人だけだよ

真夏の太陽 海と重なれば
たぶんそっと 寄り添えるね

知らず知らずに膨れ上がる 想い隠せば
上手に話せなくなるよ
押しては返す 波の音だけ 耳を傾け
短い夏が 通り過ぎてく

大げさにはしゃぐ胸の中
しょっぱい風と涙
砂の中に入り混じった

今日も一日無事に終わりましたと
どうか月よ照らしておくれ

そう知ってるよ 君は僕を満たしてしまうから
この手を離さないでいるよ
知らず知らずに膨れ上がる 想い隠せば
上手に話せなくなるよ
境目の無い空と海 ひとつに触れ合って
僕と君は 溶けてあっていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:真夏の雪だるま 歌手:ワカバ

ワカバの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:WTCS-1015
喝采

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP