そばにいられたなら

この曲の表示回数 6,989
歌手:

児島未散


作詞:

児島未散


作曲:

石川寛門


窓ごしの月が レースの波に揺れてる
よめない気持ちと つのる不安を抱いて
ついてゆきたい このままどこまでも
傷ついても 枯れ果てても 生まれ変われるはず
こぼれ落ちる 夢でもいい いつかは綺麗に

つめたい夜風が 私の髪をなでるわ
あの人の影を あなたに感じながら
愛されなくても そばにいられたなら
切なくても 流されても この時を一緒に
はかなく散る花でもいい いつか微笑みを

満たされない心 きりがない嘘
気づいてるけれど もう戻れないの

傷ついても 枯れ果てても 生まれ変われるはず
こぼれ落ちる夢でもいい いつかは綺麗に
切なくても 流されても この時を一緒に
はかなく散る花でもいい いつか微笑みを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:そばにいられたなら 歌手:児島未散

児島未散の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-21
商品番号:PICL-1081
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP