試聴する

光降る朝 REPRISE

この曲の表示回数 4,386
歌手:

ZABADAK


作詞:

小峰公子


作曲:

吉良知彦


夜明けに 銀の天使が降りた
世界は 朝の光に輝く
実りを終えた 大地はいつか
白い白い雪が 降るのを待つだけ
花咲く季節は 遠いけれど
やがてめぐる時を 約束して
いつの日も光を ただ抱きしめてる

山を縁どる 木々の葉が風に
落ちて 空が急に広くなれば
見慣れた嶺が 近くに見える
雲に届く梢が 風に揺れてる
人恋しくなる 長い夜を
これから 誰と二人で生きても
瞳の先に光を 見つめてゆこう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光降る朝 REPRISE 歌手:ZABADAK

ZABADAKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-14
商品番号:PSCR-5536
ポリスター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP