空きビンの色のようで

この曲の表示回数 2,233
歌手:

四星球


作詞:

北島康雄


作曲:

四星球


日暮れの山は空きビンの色のようで
働かなければならぬと悟すのだ
空きビンさながら空っぽというのならば
もう何も尋ねることはないだろうに

10年後の僕宛に手紙を書いて
胸にポツンと空いたポストに託した
空っぽの空も空きビンの色のようだが
今日を飲みほせなかった僕からの手紙

『いろいろあるけど 何にもないのさ
何にもないから いろいろあるのかな』
いろんな絵の具混ぜすぎて悲しい色だね
パレット洗い流そうとする涙

出勤間際せわしなくお茶づけ流しこみ
食道を伝う熱さをすぐさま隠そうと冷まそうとする体
それに似た感覚いつからだろうか
自分より熱のあるもの あったかいものに臆病になったのは

遠く 遠く 遠く 遠く 遠く昔の記憶にも
遠く 遠く 遠く 遠く 遠くぼやけた未来にも

届く 届く 届く 届く 届く 灯るのだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空きビンの色のようで 歌手:四星球

四星球の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:BTJB-1
ベットタリス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP