この曲の表示回数 4,821

季節が変わるとき 繋いだ小さな手に
生まれた町を離れる事 君に言えたんだ

手を振る僕たちはさよならな訳じゃない
君も解ってくれたから僕は歩き出せた

夢を話せたとき 想いは溢れていて
ゆらりと風が僕の歌運んでいく
僕らの生まれた町にどうか届きますように
ふたりの歌をこれからも歌っていく

君の知らない場所で 君の知る夢を追いかけている
そんな日々に落ち込んでしまう日もあるけれど

君の自慢になりたかったから
誰もいない場所で今 君を傍に感じながら

君の好きな歌を今日だって歌うけれど
ふたりの記憶 思い出し辛くなる
どれほどの時間が僕らに流れたとしても
相変わらず大切なもの それは君の事だよ

夢を話せたとき 僕は僕になれた
ゆらりと風が僕の歌運んでいく
僕らの生まれた町にどうか届きますように
ふたりの歌を君だけに歌えたら

ふたり繋いだ手をもう二度と離さない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:seep 歌手:LONELY↑D

LONELY↑Dの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP