ハワイアンブルーのある風景

この曲の表示回数 3,137
歌手:

四星球


作詞:

北島康雄


作曲:

四星球


ずっとずっとあんたの前でカメラを構えていた
一緒に写ることを忘れていたのかな

あんたがくれた万華鏡ずっと覗いておったんじゃ
辺りを見渡せばあんたの姿はどこへやら

悲しいメロディー作るあたしに あんたのピアノ必要ないの
悲しいメロディー奏でるあたし あんたの指が必要なだけ

この空も台無しよ 週末は眠るだけ
あんたのいない暮らしに速く慣れなきゃいけないな

出会って初めて泣いた夜の星みたい万華鏡
伸ばす手も届かず廻る万華鏡

疲れた夜に何も言わずに 部屋でコーヒー注いでくれた
最後の夜に何も言わずに あたしをおいて朝焼けとなる

ちぎれ雲さみしくて 日暮れには口笛を
あんたのいない暮らしに慣れた だから会いにきてよ
会いにいくよ

この空も台無しよ 週末は眠るだけ
あんたのいない暮らしに早く慣れなきゃいけないな

ぬくもりが消えるまで そばにいていいかしら
そうね、二人は思い出となり 永遠となるのでしょう

いずれ誰かのものとなり 二人の香り消えるのね
でもね、二人の思い出は 二人だけのものだから
それだけは抱いててね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ハワイアンブルーのある風景 歌手:四星球

四星球の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:BTJB-1
ベットタリス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP