試聴する

Crocus

この曲の表示回数 14,545

そうだった もういないのか
余白 ただ吐く 息は白く
足跡は 雪に埋もれてく
視界 曖昧 過去の洪水

呼吸の音が谺す冷たく長い廊下で
手探り歩く君をね 最愛と呼んでた

今度もきっと離れ離れになる
だったらこのままこのままでいい
あぁ 枯れる日が来るまで じゃあね

なあそしたらさパンをやるからさ
そっから でっかく 呼んでみてよ
階段を登り疲れただろ
涙で ふやけた ゼロの温度

街は空の真似して、たちまち色を変えてく
素知らぬ顔で時計は 今日も世界と回る

何度もきっと思い出すのでしょう
照り返す金色 長い睫毛も
また 会える日は来なくて いいよ

「冷えた君の掌がいつも心地よかった
あれ?君がいないとね。少し暑いみたい」

出会ったなら
また同じ日が訪れるだろ。
窮屈だけど、この中で ねえ
走っていてよ。

今度もきっと離れ離れになる
だったらこのままこのままでいい
そうだ 最後隣で 歌った歌があったろ
おやすみの代わりになってたらいいな
あぁ 枯れる日が来るまで じゃあね
君が かけた魔法は君を忘れた時
ゆっくり解けるだろう 寂しいけれど
そうだった もういないのか
空白 ただ吐く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Crocus 歌手:a crowd of rebellion

a crowd of rebellionの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-22
商品番号:WPCL-12385
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP