試聴する

こたえ

この曲の表示回数 1,989
歌手:

相良心


作詞:

相良心


作曲:

若林大道


何もない空へ
手を伸ばすように
届きそうで 届かなくて
遠く見ていた

そんな夢を見て
まどろみながら
光の中 目を覚ませば
君がいたね

いつの時も
大事なものほど
すぐに壊れちゃうから
まだ怖くなる日もあるけれど

やさしく 肩を寄せあって
揺れてる花みたいに
このままずっと そばにいて信じてるよ
素直になれない時も
隣で笑っていて

いつかはしゃいで思い出す
ふたりだけの 場所で

見上げればほら
あまりにも 青すぎる空
今も少し痛むけれど
愛しくなる

見つけられるよ あの日のこたえ

たとえば 違ってた道を
歩いて来たとしても
辿り着けるよ 君と手を繋ぐ明日
これから 二人紡ぐよ
なくした物語を
いつか笑って思い出す
ふたりだけの 場所へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:こたえ 歌手:相良心

相良心の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-15
商品番号:PCCA-4395
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP