走れ名松線

この曲の表示回数 5,066

川は流れて ふる里の
岸の柳も 春をまつ
汽笛一声 こだまして
走れ列車に 夢がある
緑が萌えて 旅の空
名松線の 奥津の駅は
六時四分 始発駅

想い出させる 駅舎には
古い写真が 貼ってある
錆びた線路も 町人も
走れ列車を 呼んでいる
たそがれ町の 赤い灯よ
名松線の 奥津の駅は
六時四分 始発駅

移る景色を 窓に見て
風に黄金の 波が舞う
汽笛一声 爽やかに
走れ列車よ もう一度
むらさき薫る 鈴の街
名松線の 奥津の駅は
六時四分 始発駅
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:走れ名松線 歌手:杉村春樹

杉村春樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-05-25
商品番号:TKCA-90818
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP