migration 10 64

この曲の表示回数 16,778
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

ACIDMAN


いつかの星で 見つけた共鳴音 何千と存在
宇宙を流れ 繁栄を求めて 何回目だろう?

何十億の可能性と 無重量の不可思議を
漂って 思い出す あの海に生まれて

生命の星で 生まれて泳いで ダンスのようだった

何処からきた?

此処で咲くという ただそれだけは 正しい事だろう。

migration migration migration
忘れて漂う 細胞の内部へと

何億光年 続くだろう 無情の日を 手に添えて
帰ろうと 呼ぶ声は 穏やかな 海の様

何十億の可能性と 無重力の不可思議を
迷って 泳いで 青く浮かぶ地へ
何億光年 続くだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:migration 10 64 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/09/15
商品番号:TOCT-25454
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP