試聴する

僕の思いは目的もなく月に刺さる

この曲の表示回数 3,479
歌手:

上田現


作詞:

上田現


作曲:

上田現


夜はまだ その素顔を
惜しげも無く 見せてる
幾千の 星達は
今日は お休みさ

穏やかな 坂道の向こうに
広がる光の渦の そのどこかに
君は 暮らしてる

遠く 遠く 行った事もないとこまで
灯は続いていて これじゃ探せない

一つ一つのライトの下には
誰かが暮らしてるなんて
考えただけでも倒れそうだぜ

聳え立つタワーは
イルミネーションに包まれて
どうでもいい電波ばかり
放ってるくせに とても美しい

僕が思わず見上げているころ
きっと眠りについた
君の家にも 夜は降り注ぐ

始発列車が 灯をこぼして
暗闇をかき分けて 通り過ぎてった

僕の思いは軽く高く 地平線を飛び越して
目的もなく月に刺さる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕の思いは目的もなく月に刺さる 歌手:上田現

上田現の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-09-24
商品番号:VICL-62998
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP